MTB フレームを購入

この記事を読むのに掛かる時間: 2

いまの所,一日10Km以上走っている.
最初は必死だったが,だいぶ慣れてきたので10Kmでは余裕.
放置 MTB を回収してきてパーツ取りに分解した.
写真では解りづらいが,早速 26×1.95 なセミスリックタイヤを移植した.楽に走れる様になったのはこれが一番でかいかも.
ルック車がダサい事に気付いたのでステッカーは全部除去した(笑).

ちなみに,交換時にタイヤ回りの各パーツの重量を計ってみた.

  • ブロックタイヤ(26×2.1): 1050g
  • セミスリックタイヤ(26×1.95): 850g
  • リアホイル(スプロケ,ディスク付き): 1800g
  • チューブ(米式): 200g
  • チューブ(英式): 180g

後輪だけで 3kg もあるんかよ(–;
あと,購入後すぐは無理だったものの,バランス感覚と体力が戻ってきたおかげで,この陸橋も普通にクリア出来る様になった.

そしてフレームを買ったのよ.走行距離 100Km 程度でフレーム交換を決意するって一体(笑).
写真は出品者の画像そのまま.S サイズなのが俺には逆に良いかと.
価格は,フォークとメカが付いて送料込みで約\17K-である.一応,完成状態では 10万以上する MTB であった.
あった,というのは,すでにプジョーは MTB 業界から撤退したから.
車のイメージが強いが,元々はチャリを作っていたメーカーらしい.100年以上の歴史があるとか.

でもこれ買って正解だったかも.
縁石乗り越える練習してる時,フロントのスプロケットをヒットさせたらしく(そんな感覚はなかったが),クランク回りにすでにガタが来はじめている.
あとはウェア(服)を一万円分と,バーハンドルとバーエンド,サスペンションシートポスト,携帯ツールなどを買った.
バーハンドルは一応 DH 用らしいが,バーエンドとサス付きシートポストってのが街乗り仕様である(笑).

スポンサーリンク
336×280
336×280

書いた人

me 小津雪ヲ: 生きるとゆう事は,雑多な問題に対処するとゆう事.
ライフハック,DIY,木工,鉄工,ソルトルアー,ロードバイク,オートバイ,家庭菜園,自給自足,料理,Linux,ガジェット,写真,フラメンコギターなど.
日常の様々な創意工夫やお役立ち情報を発信しています.

記事のシェア,ツイッターフォロー,ブックマーク,RSS登録 お願いします.
あとランキングも押して頂けると助かりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ blogranking
blogranking

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280