2020 青物狙い結果発表

この記事を読むのに掛かる時間: 4

目次

  1. 2020 青物狙い結果発表
    1. 05/25
    2. 05/26
    3. 05/27 シマフグゲット.メジロ70cm オートリリースorz
    4. 05/28 スズキ 65cm
    5. 05/29
    6. 05/30
    7. 05/31
    8. 06/1
    9. 06/2
    10. 06/4
    11. 6/5
    12. 06/6
    13. 06/9
    14. おわりに

2020 青物狙い結果発表

リアルタイムのツイートを交えつつ,今季の青物狙いを振り返ります.

スポンサーリンク
336×280

05/25

波止で15人くらい.
常連の兄ちゃんが目視80cmを掛けるが,タモ入れしにきた隣のやつにバラされてたww
ルアーが絡むのが怖いからといっても,頭から入れるしかない.
尻尾からなど絶対に入るものか,ド素人が…(以下省略)

05/26

ジグロックゼブラグロー改にてハマチゲット.
一応現時点で15人(ほぼ全員ルアーマン)の中で一人勝ちである.
img

同じタイミングで親父に一回来たけど掛け損なってた.
ボイル待ち中だけどもう帰るかも.イチ抜けてきた.
「お前帰った後入れ食いやったのにww」を何度経験したかわからんので,帰るに帰れなかったんだが,あまりに気配なさ過ぎて.
多分下げで食い気出る筈だけども,数時間も待ってられん.
結局,青物は他に誰も出ず.隣のエギ兄ちゃんアオリ1.5kg位の一杯.

二日雨として,その後どうなるかだな.
しばらく続けるつもりではあるが,この薄さとアベレージじゃ厳しいだろうな.
出せてもせいぜいハマチ程度,本命サイズと一回コンタクト出来てチャンスが一度あれば良しとせねばなるまい.
img

貰いもんのダツの卵.
img

05/27 シマフグゲット.メジロ70cm オートリリースorz

シマフグの後,相変わらずのベタ凪ではあるが若干潮が動き始めたタイミングで遠投ボトムで大エソx1,どうやったらそんなグルグル巻きになるん?ってくらい,リーダーが体に巻き付いて,アーレー!って感じで回転しながら上がってきた.
メジロは割と近いとこでボイル一回.来たな?と.
昨日までの感触から,デカイやつはジグじゃないと確信していたので,シンペンはじめ表層を探る.ジグはどうやっても食わない時に一番良い時間に投入予定.
スネコンでヒラスズキ60のチェイス二回.恐らく同じ個体だな.波動系であろうと,シャッドテールに交換.
特に気配もベイトっ気もなかったが,本命が通過するであろう事は確信していた.

そしてボトムのリフト&フォールでヒット.つまり,一昨日の80掛けた兄ちゃんとまったく同じメソッド.
掛けた瞬間解った.あー本命来たな,と.しかし,特に慌てもせず.
ただ,シーバスロッドL(PE0.8)の方で掛けてしまったのが若干不安要素であった.まぁ時間掛ければ獲れるサイズであろうけど.
ぶち曲がりのファイト開始.しかし余裕.もしショアジギマンの研究をしてる学者が私に心拍計を付けていたとしても,平常時の心拍をキープしていたであろう.

約五分で姿見えた.70cmメジロだな.ブリまでは行かん.片目潰れかけて赤い.
この間に私が思ってた事「コレ獲ったら,今年は青物狙い辞めれる」であるww

泳がせて体力削れる所は削って,沈み根テトラで絶対譲れない所はスプール止め,近くになるとドラグ緩める.
いま思い返しても,やりとりにミスはない.常に平常心,完璧なファイトであった.あれ以上は誰でも無理.

一匹付いている.夫婦であろうか.コレもう片手でショアジギロッドの方で釣れないかな,とか思う.いや無理だろうww
ネット?入るはずもない!デカイネット邪魔だからアジング用持ってきたww
二回失敗.ただ,この前のどこぞのアホみたいに,尻尾から入れようなどとゆう考えは微塵も起きなかった.
飽くまで頭から狙う.フッキング状態は良い様である.
寄せ直し三回目くらいに入った,と思いきや,絡んだorz
またコレか.ネットごしの上げを試み,顎を掴む.
この時に思った事「フック手に刺さったら嫌だなぁ」である.

よし獲れた….と,思ったら,暴れて滑って同時フックオフ,オートリリース.
ぁー,やっぱりな,である.でも特に悔しくもなく,ツイート開始.
この時一瞬の判断で,尻尾かエラを掴むか,テトラにずり上げてれば捕れていたであろう.
ただ,そこまでして獲る決意がなかった.それが敗因かな.

青物狙いの記事にも書いたけど,ほんの僅かなスキ,僅かなタックルの不備で,魚はすり抜けてゆく.大型青物狙いに「程々」とゆう言葉はない.
今日の私を見返してみると,まずネットはやる気ナシ仕様,そりゃ無理だ.
フックは伸びていた.青物用にしては全然スペック不足だが.幸いにしてPE0.8の方で掛けた事が功を奏して,丁寧なやりとりにより,アゴ掴むまではなんとか持ちこたえていた.
デカネットかギャフ,あるいはもうちょいマシなフックであれば,滑ったあともフックオフしなかったと思われる.

青物まだ獲った事ない人へ, 大事な事なので二度言う.「大型青物狙いに,程々とゆう言葉は通用しない」
私は(獲れたも同然だし)慣れてるから別にこの結果でも満足してるが,読者は写真がないので満足すまい.
なので気配なくなるまでは明日以降も続けるよ.
ぁ,そのやりとりの後,すぐキワでボイルx1があり,顔もハッキリ見えた.サイズはちょい大きいっぽかった.80だな.まだ食うかな…と思ったけど,コンタクトはしなかった.

先日のハマチ.
img

続きます

スポンサーリンク
336×280
336×280

書いた人

me 小津雪ヲ: 生きるとゆう事は,雑多な問題に対処するとゆう事.
ライフハック,DIY,木工,鉄工,ソルトルアー,ロードバイク,オートバイ,家庭菜園,自給自足,料理,Linux,ガジェット,写真,フラメンコギターなど.
日常の様々な創意工夫やお役立ち情報を発信しています.

記事のシェア,ツイッターフォロー,ブックマーク,RSS登録 お願いします.
あとランキングも押して頂けると助かりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ blogranking
blogranking

シェアする

フォローする