ラック式エフェクターを改造してラック式のPCケースを自作してみた

この記事を読むのに掛かる時間: 2

ラック式エフェクターを改造してラック式のPCケースを自作してみた

ラック式PCケースって高いですよね?

そもそも,既製品のラック式PCケースって,当たり前だけど,ほぼすべてがサーバー用として設計されていて,私の需要には全然合致していない.
特に奥行きがありすぎるところが.
最近は割と安価でPCサイズのものがヤフオクで出品されてたりするが,やはりあれも,サーバー用の域を出ていない.

私は Waves Sound Grid Server にしたい訳.つまり,音楽用である.
だったらラック式エフェクターの外観であるべきでない?というのがそもそもの発端.

いやまあ,ラック式PCケース自体が時代遅れなのに,いまさら必要か?と言われれば,別に必要はないんだけど…WSGサーバーも超小型PCで間に合ってるから.
ま,単に作りたいから作ってみるというだけかな.

という訳で,20年くらい音楽制作に使っていたPC ケース.
リベットを外し,切断し,それぞれの部品に切り分けたところ.
これ以上ないくらいバラバラである(笑).
そもそも,ATX を マイクロATX に改造するのだから,拡張スロット部分で切断しているところからして,普通の人には難易度高めだが….
img

半自動でつなぎ合わせていく.そしてラック式のギターエフェクターのケースと悪魔合体!
まるでフランケンシュタインである.
img

電源が搭載出来るか確認してみる.
img

エフェクターケースとの接続はこんな感じ(底から見たところ).
ギターエフェクター側の背面を切り開いて,水平方向に折り曲げて重ねて溶接している(剛性確保の為).
img

サイドの剛性が足りないので適当に鉄板追加.
img

ホムセンブラックで塗装.
img

そして全体像はこんな感じ.
img
img

元々のギターエフェクターの蓋を付けてみたところ.
のちに必要になればドライブベイなんかをここに溶接する予定.
img

みなさんも作ってみて下さい.

良かったら他の記事も読んで下さい.

スポンサーリンク
336×280
336×280

書いた人

me 小津雪ヲ: 生きるとゆう事は,雑多な問題に対処するとゆう事.
ライフハック,DIY,木工,鉄工,ソルトルアー,ロードバイク,オートバイ,家庭菜園,自給自足,料理,Linux,ガジェット,写真,フラメンコギターなど.
日常の様々な創意工夫やお役立ち情報を発信しています.

記事のシェア,ツイッターフォロー,ブックマーク,RSS登録 お願いします.
あとランキングも押して頂けると助かりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ blogranking
blogranking

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280