ジャンクギター

この記事を読むのに掛かる時間: 3

ジャンクギター

ThunderFST-65 に手を入れる余地がなくて,寂しくなって手を付けたギター.
家のゴミ捨て場に打ち捨てられてたもの(笑).
こいつを復活させます.
仕上げの基準は…,所詮変形ギターなんで「音が出ればいいや!」程度.
Thunderボディはアルダーですかね?バスウッド?
材自体は(合板と比べて…)そう悪くはないと思うけど,ザグリの荒さは仕方がない.
Thunderバックはこの通り,剥離途中で挫折した形跡が(笑).
まあ気持は解ります.
Thunderヘッド.ネックの状態は未知数だったけど,Ibanez って事でそれ程悪くはないだろうと推測.
Thunder完全に剥離しました.
ちなみに,あまりに酷使しすぎた為か,オービルサンダーが壊れました(笑).
(その後,パワーベースのリフィニッシュ時にこのオービルサンダーを分解したところ,ベアリングが外れてました.ついでにブラシの清掃をして生き返りました)
Thunderさて,上記の写真をペイントソフトで加工し,ボディの形状を適当に決めます.
昔,これに似た形のギターを作った事があって,それに近づけようとはしたものの,裏側にサーキットザグリがあり,左右対称で美しいシェイプに出来ません.
Thunderプラン B です.ピックガードの形が痛々しい.
HSH レイアウトに,なんとかストラトアッセンブリーを搭載しようとした努力の痕跡が見られます(笑).
結局,このピックガードを制作する頃には,モチベーションが下がってて,HSH のゴミピックアップを搭載したのだけど….
Thunder勿論,正確に製図なんてせず,直接ボディにフリーハンドとフィーリングで曲線を書いて削りました.(笑).
こう書くと簡単ですが,パワーツールを使ってさえ,ボディを削るのは大変です.
ちなみにこのギター,Rose Guardian では「サンダー」という愛称がついてます.
雷鳴の様に轟く,訳ではなくて,サンダーを使って削ったからなんだけど.
しかし軽い.サスティンは期待出来ないでしょう.
Thunderペイント終了後の写真.
当然,ホームセンターの 100円の塗料です(笑).
しかも,黒が途中で切れてしまって,買いにいくのが面倒だった為,その辺を物色して同じメーカーの艶消し黒を発見.
どうせクリアを吹くからこれで良いやと思って使ったら,これが大失敗.
使ってる溶剤の種類が違うのか,垂れるわ下地を侵食するわでもう見るも無惨な事に….
その失敗を修正する為,塗装とペーパーを延々と繰り返してなんとかここまで復活させたものの,黒部分の拡大は避けられず(笑).
仕上げの悪さにも相当影響してます.
本来なら下地もよりフラットに,最終工程でもさらに細かいコンパウンドで磨くべきですね.
しかし,費用(労力)対効果比を知ってる俺は,そこまではしません(笑).
Thunderどうですか,この「メタル赤黒サンバースト」.
もっと左右対称ならカッコイイんですがね.ベースが悪い;;;
すでにハイフレットはスキャロップされてます.もうやりたい放題.
Thunderバック.
ボディが割れてる?世の中には「木部パテ」ってもんがあるのよ.
Thunderこの頃にはすっかりダルくなって,ヘッドの形状を変更するのはもう良いやって….
Thunderオークションと takeyan から買ったジャンクボディから,サーキットを移植.
実に三台分のゴミから見事に甦りました(笑).
Thunderスカンクラインが入ってればカッコイイかなーとも思いますね.
次に手をいれる時には,ヘッドの形状変更とヒールカット,エセスカンクライン入れなんかをするかも.
ゴミギター研究/開発/練習ギターなので,この時はナッシュビルチューニングの弦を張ってます.
しかもオープンチューニングで,全ての弦が D と A から成ってるという….
Thunderバック.
ホームセンターの半透明の蓋が泣かせます.
サウンド?そんなもんどうでも良いよ(笑).
でも実は,こっそりレコーディングにも使ってるんだけど.

その後,チューニングをノーマル用に戻し,ペグを GOTOH に変更した.
リアは(アンプシミュレーターの性能のおかげで)なんとかだましで録音に使えるけど,フロントはだめ.
生鳴りも悪くはない気がします.これは「ラッカーマジック」かも.
正確なオクターブ調整など,ギターとして最低限の機能は維持してます.
ジャンボフレットとスキャロップのおかげでプレイアビリティは良い.
しかし,部分的にビビりが出てきた.調整で直る範囲だけど,次に手をいれるなら…もっと色々するか,解体して次のギターの素材になるでしょう.

Thunderで,結局.
こうなりました(笑).
18曲くらいレコーディングに使えたからもう十分です….
ご愁傷様,いや,ご苦労様でした.
スポンサーリンク
336×280
336×280

書いた人

me 小津雪ヲ: 生きるとゆう事は,雑多な問題に対処するとゆう事.
ライフハック,DIY,木工,鉄工,ソルトルアー,ロードバイク,オートバイ,家庭菜園,自給自足,料理,Linux,ガジェット,写真,フラメンコギターなど.
日常の様々な創意工夫やお役立ち情報を発信しています.

記事のシェア,ツイッターフォロー,ブックマーク,RSS登録 お願いします.
あとランキングも押して頂けると助かりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ blogranking
blogranking

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280