WM-61A 自作コンデンサマイク, Z.Vex Super Hard On(二号機)

この記事を読むのに掛かる時間: 2


先日の続き,駅前集会などで使う予定の自作機材紹介,マイク編です.
WM-61A コンデンサマイクカプセルを利用した自作品.
今まで真鍮製の RCA プラグのケースを改造してカプセルを格納していたが,ジュラルミンのパイプに変更した.
軽くなったのでコードで「自立」する.服とかギターのストラップにクリップで留めて使う事が出来る.マイクスタンドが不要に.

二本あるのは「漫談(原発問題トーク)」を想定しているから.


今まではこんな感じの電源回路&電池ボックスを作っていたのだが,こんなんでも邪魔になるんだよな.
コンパクトエフェクタ−とかも排除していってるから,なるべく持ち歩きたくない.


そこで,電源回路そのものをY字ケーブルに内蔵する事に.
RCA 側ジャックのケースにコンデンサマイク電源回路,アンプ側プラグにパッシブミキサーを内蔵している.
9V電源は4芯のケーブル(MDR-CD900の廃品)を「逆流」して,RCA側に給電している.
アンプ側にステレオプラグ&ジャックを使えば,リングからアンプの豊富な電力を給電出来るので,この電池も不要になる.
ただし,通常のモノラルプラグ刺せばショートしちゃう訳で,このシステムしか接続出来なくなる(まぁファントム給電スイッチみたいなの付ければ回避出来るけど).
同様の手法を使えばカホンやギターも電池の搭載が不要になるが「汎用性」という観点から評価するならば,あまりスマートとは言えない.
スタンドアロンで動作してこそ完成度が高いと言えるので,敢えて電池はココなのである.


モノラルジャックとステレオジャック,2Pスイッチが余っていたので SHO を組み立てた.
ケースはイベリコ豚のテリーヌの空き缶である><

入力側にジャック刺したら電源オン(常にLED点灯),スイッチは,手前側で2Kオーム(ほぼゲイン中央),奥側で0オーム(ゲインMAX)or5Kオーム(ゲイン最小)の切替え式という仕様にした.
ボルテージフォロア,クリーンブースター,オーバードライブどれかのモードで常時オンとする.演奏中に操作する事は想定していない.


0オームと5Kオームの切替えはこのミニスイッチで行う.


内部の結線状況.
裏の蓋はどうするの?だって?
んなもんあるわけねーだろ!
ていうかこれ,作ったところで使わないんだけどな><

て事でもうすぐゲリラライブやります><

スポンサーリンク
336×280
336×280

書いた人

me 小津雪ヲ: 生きるとゆう事は,雑多な問題に対処するとゆう事.
ライフハック,DIY,木工,鉄工,ソルトルアー,ロードバイク,オートバイ,家庭菜園,自給自足,料理,Linux,ガジェット,写真,フラメンコギターなど.
日常の様々な創意工夫やお役立ち情報を発信しています.

記事のシェア,ツイッターフォロー,ブックマーク,RSS登録 お願いします.
あとランキングも押して頂けると助かりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ blogranking
blogranking

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280